ウーバーイーツ配達員登録はこちらから!

【ウーバーイーツ】鳴らない原因と、鳴る方法を考えてみた!

こんにちは。

副業でウーバーイーツ配達員をしている、かんたです!

この仕事をしていて一番気になる事は、配達の依頼がたくさん入るか入らないかではないでしょうか。

配達依頼が来ると、音が鳴って知らせてくれますが、それをウーバー的には「鳴る・鳴らない」と呼んでいます。

鳴らなければ、待機時間ばかり増えて稼ぐことができなくなり、配達員にとって死活問題になります。

そこで今回は、

なぜ鳴らないのか?鳴るためにはどうすればいいのか?

この事を、私の経験をもとに考えてみましたので、ご覧ください!

【ウーバーイーツ】「鳴る、鳴らない」を決めるのはAI

まず最初に、誰が「鳴る・鳴らない」を決めているのか?この事から紹介させていただきます!

いきなり答えを出しますが、

ウーバーイーツ配達員の「鳴る鳴らない」を決めているのは、ズバリAIです!

これは私が直接サポートセンターに確認したので、間違いありません。

この時のやりとりは、

サポートセンター担当者
サポートセンター担当者

私、サポートセンターの〇〇と申します。

本日はいかがされましたか?

かんた
かんた

配達員のかんたと申しますが、ちょっと教えてほしいことがあるのですが・・・・

サポートセンター担当者
サポートセンター担当者

かしこまりました。

どうのような内容になりますでしょうか?

かんた
かんた

配達の注文が全然入らないんですけど、これってどうやって決めているんですか?

サポートセンター担当者
サポートセンター担当者

決めているのはAIです。

AIがどのように決めているかまでは、私共にはわかりませんが、ご了承いただけますでしょうか。

かんた
かんた

わかりました。

お忙しいところありがとうございました。

失礼いたします。

サポートセンター担当者
サポートセンター担当者

こちらこそありがとうございます。

本日、私〇〇が担当いたしました。

失礼いたします。

このようなやりとりがあり、注文が入った時の担当者を決めるのは、AIということが分かりました。

しかし、「AIが、どのような考えで担当者を選んでいるかまでは分からない」との事でしたので、それは自分で考えるしかありません。

【ウーバーイーツ】鳴る時期と鳴らない時期がある

ウーバーイーツの配達は、一年を通して「鳴る時期」と「鳴らない時期」があります。

私の経験上、「鳴らない時期」はこちら▼

  • 4月から6月
  • 9月下旬から11月

上記の時期は過ごしやすい気候になるので、お客様は外出することが多くなり、注文が減ります。

逆に配達員の稼働人数は多くなるので、

少ない注文を多くの配達員で奪い合う状況になり、全く鳴りません。

一方、「7月から8月の暑い時期」や「12月後半から3月までの寒い時期」は、気候が厳しくなるので、お客様は外出を控えウーバーイーツを利用するようになります。

なのでこの時期は、稼働さえすれば誰でもたくさん鳴りますので、放っておいても稼げる状況にあります。

しかし、「鳴らない時期」は年に4か月ほどあり、なにか策を練らなければ収入が少なくなる一方なので、「鳴る方法」を考えなければいけません!

「鳴る方法」を考えるためには、まず「鳴らない原因」を突き止めることが先決です。

そこで私の経験をもとに、「鳴らない原因」を考えてみましたのでごらんください!

※参考記事 ウーバーイーツ配達員がたくさん稼ぐ方法の記事はこちら▼

【ウーバーイーツの稼ぎ方】実際に経験した、稼ぐ方法を紹介!

【ウーバーイーツ】鳴らない原因を考える

私の考える「鳴らない原因」は、以下の通りです▼

  1. 配達員の稼働人数が多い
  2. お客様からの注文が少ない
  3. ウーバーイーツ側が人件費の調整をしている
  4. 配達するエリアが間違っている
  5. 待機する場所が間違っている
  6. AIからの評価が低くなっている

以上の原因が考えられますが、①~③は自分でコントロールできない原因になり、

逆に④~⑥は自分でコントロールできる原因なので、後程対策を考えていきたいと思います。

では、①~⑥の「鳴らない原因」を詳しくみていきましょう!

【鳴らない原因その1】配達員の稼働人数が多い

まず一つ目の「鳴らない原因」として、配達員の稼働数が多すぎることが考えられます。

配達員の稼働数が多くなる時期は、「鳴らない時期」で紹介した「4月から6月、9月下旬から11月」になりますが、

この時期は気温が20度前後で、配達員にとって働きやすい環境になり、長時間稼働しても体力はあまり消耗しません。

また、日差しが弱いので、特に女性の配達員にとっては働きやすい環境と言えるでしょう。

【鳴らない原因その2】お客様からの注文が少ない

「4月から6月、9月下旬から11月」は、お客様からの注文が少なくなりますが、

この時期は、配達員の稼働数が増える時期」とまるまるかぶってしまうので、全く鳴りません

夏場や冬場は、お客様も外出する気力がなくなり、自宅から料理を注文することが多くなります。

逆に、気温が20度前後の過ごしやすい季節は、外出しやすくなるので、外食や自ら料理を買って帰るお客様の方が多くなることでしょう。

そうなると、ウーバーイーツなどのフードデリバリーの需要は減りますので、鳴らなくなるのです。

【鳴らない原因その3】人件費の調節をしている

ウーバーイーツは企業であり、フードデリバリー事業は慈善事業ではありませんので、しっかりと利益を出さなければいけません。

企業が、利益を確保するために一番最初に手をつけるのは、人件費になります。

ウーバーイーツとしても例外ではなく、計画された利益を確保するために、

一年間のどこかのタイミングで、人件費を調整しているはずです!

お客様から注文がたくさん入る時期は、配達員を確保するために人件費を削ることは考えにくいですが、

「4月から6月、9月下旬から11月」になると売り上げが減り、人件費を削って調節しなければ利益を確保することがむずかしくなります。

そこで問題なのが、この事がどうして「鳴る、鳴らない」と関係するのか?

利益を確保するために、人件費を調整しているという事が、「鳴る、鳴らない」を決めている可能性をまとめました▼

可能性1】 クエスト(特別料金)を低く設定している配達員を優先して鳴らしている

上の画像はクエスト(特別料金)の選択画面の一部ですが、クエストには「オプション1から4」といったように、ランクがあります。

「オプション4」は、月曜日から金曜日の間に25回の配達を完了させることができれば、特別料金が900円もらえるという設定ですが、

クエストの中では一番ランクの低い設定になり、全然稼ぐことができません。

そこで、ウーバーイーツ側が、人件費の調整を意図的にしているとなれば、

オプション4のように、「一番低い料金設定を選択している配達員」を優先的に鳴らしている可能性があります。

可能性2】 クエスト(特別料金)の設定件数に届きそうにない配達員を優先して鳴らしている

「オプション4」を選択すると、最低でも25回配達しなければ特別料金をもらうことができません。

しかし、金曜日になっても設定件数に届きそうにない場合、

設定件数に届きそうな配達員よりも、優先線的に注文を受ける可能性があります。

その結果、もう少しで設定件数を達成しそうな配達員には、なかなか注文依頼が入らないのです。

可能性3】 既にクエスト(特別料金)を達成した配達員を優先的に鳴らしている

「オプション4」の最高設定件数は30回ですが、これをクリアしてしまえば、あとはウーバーイーツ側から支払う特別料金はありません。

なので、まだクリアしていない配達員よりも、優先的に注文を受ける可能性があります。

以上、「可能性1~3」のように、

人件費が安くつく配達員を優先的に、注文(ピックアップ)を鳴らしている可能性があります。

他の配達員から情報をいただいて、統計を積み重ねてこの考えになりましたが、あくまで可能性の話になりますので、参考程度に読み進めてください。

【鳴らない原因その4】配達するエリアが間違っている

「4月から6月、9月下旬から11月」の時期に、配達員がたくさん集まる人気のエリアで稼働すると、全く注文が鳴りません。

私の配達エリアである大阪市で言えば、北区や中央区がそれにあたると言えるでしょう。

大阪市の北区や中央区には、マクドナルドなどの有名チェーン店がたくさん加盟しているので、客様からの注文はたくさん入ります。

しかし、それ以上に配達員の稼働数が増えているので、注文の奪い合いになります。

このような状況では、1時間、2時間待ってもAIから注文が入らないことも珍しくありません。

そうなってしまうと何か対策を練らなければいけませんが、これは自力で何とかすることができますので、後程紹介させていただきます。

【鳴らない原因その5】待機する場所が間違っている

鳴らない原因として、配達エリアが間違っているのは、大きな視点から考えた場合ですが、

小さな視点で考えると、

そのエリアの中で待機する場所が間違っている可能性があります。

間違いのパターンとして、

  1. 店舗から離れたところで待機している
  2. 配達員がたくさん張り付いている店舗の近くで待機している
  3. マクドナルドにこだわりすぎ
  4. 朝昼晩と需要のある店舗が変わるにもかかわらず、対応しきれていない

このような間違いがありますが、

特に、マクドナルドに張り付きすぎるのは、良くありません。

コロナ前であれば加盟店舗が少なかったので、マクドナルドに注文が偏る傾向にありましたが、コロナ後はたくさんの店舗が加盟しているので、注文が分散されます。

マクドナルドの配達は、短い距離の配達が多いので配達員に人気がありますが、

店舗に張り付いている配達員がたくさんいるので、競争率が高くなり思うように鳴ってはくれません。

また、朝昼晩と時間帯によって注文が多くなる店舗が変わるにもかかわらず、ずっとマクドナルドのようなファーストフード店にはりついても、効率が悪くなるだけです。

フットワークを軽く、臨機応変に対応しなければいけません。

【鳴らない原因その6】AIからの評価が低くなっている

最後の鳴らない原因は、「AIからの評価」が低くなっている可能性があります。

「AIの評価」は、この仕事をするうえで一番大事にしていることですが、一体どのように評価されているのでしょうか?

私の経験上、AIの評価を下げる可能性のある、やってはいけないことはこちらです▼

  1. 注文(ピックアップ)の拒否が多い
  2. 注文(ピックアップ)を受けてからのキャンセルが多い
  3. 店舗から商品を受け取った後でのキャンセル
  4. 店舗、お客様からBAD評価をもらう

以上になりますが、これらを積み重ねていくと、

AIからの評価が下がっていく可能性があります!

注文を受け取る前の拒否であれば、そんなに大したことがないかも知れませんが、やりすぎると評価が下がる可能性があります。

受け取り店舗が決まってからのキャンセルは、もっと評価が低くなる可能性があり、商品受取後のキャンセルは絶対にやってはいけません。

注意!

商品受取後のキャンセルは、評価が下がるどころかアカウント取り消しになって、ウーバーイーツの配達員を辞めなければいけない事態となりますのでご注意を!

もう一つやってはいけないことは、店舗とお客様から「bad評価」をもらうことです。

これらのことを積み重ねている配達員は「AIの評価」が悪くなり、知らない間に鳴らなくなっているのではないでしょうか。

しかし、これらは自力で解決できますので、次の「鳴らない時の対策方法とは?」で紹介させていただきます。

【ウーバーイーツ】鳴らない時の対策方法とは?

ここからは、鳴らない時の対策方法を考えていきます。

お客様からの注文や配達員の稼働人数、ウーバーイーツ側の人件費調整に関しては自分ではどうすることもできませんが、

「配達するエリア、待機する場所、AIの評価を高める」ことは、自分の努力次第で解決できますので、その対策方法を見ていきましょう。

【対策方法その1】配達するエリアを考える

鳴らない時に配達するエリアをどこにするかは、非常に重要です。

鳴らないエリアにずっと居座り続けても時間の無駄ですので、「今日はこのエリアは鳴らない」と判断したら、さっさと別のエリアに移動しましょう。

そして、おすすめするエリアは・・・

あまり注文が入らない配達員に人気がないエリアです!

あまり注文が入らないので、「リスクが高いのでは?」と思うかもしれませんが大丈夫です。

私の経験上、あまり注文の入らないエリアは、配達員が少なく競争相手がいないので、そのエリアに入った注文はほぼ自分のものになります。

逆に、注文がたくさん入る人気エリアで配達する場合、仮に注文がたくさん入ったとしても配達員が多すぎて、自分に注文が入らない可能性があります。

下手をすると、一時間も二時間も配達できないことがあるので、非常にリスクが高まります。

その点、人気のないエリアは注文こそ少ないですが、入った注文を確実に押さえることができるので、一時間に2件くらいの安定したペースで配達することができ、「鳴らないリスク」を大幅に軽減することができるのです。

【対策方法その2】待機する場所を考える

配達するエリアが決まれば、「どこで待機するか?」も重要です。

「配達員が、あまり張り付いていない店舗」の近くで待機しなければいけませんが、その店舗に注文が入らなければ意味がありません。

そこで大切なのが、朝昼晩でお客様が「何を食べたいのか?」「何を欲しているのか?」と想像して、

注文が入り易そうな店舗を、自分自身で見つけ出すことです!

大抵の配達員は、時間帯を問わずマクドナルドに張り付いていることが多いので、「穴場の店舗」を見つけることができれば、安定して注文を受けることができます。

そして、時間帯ごとに「穴場の店舗」を変えていけば、他の配達員よりも、たくさん注文を受けることができるでしょう。

わたしの見る限り、このことを実行している配達員はほとんどいないので、非常に有効な方法だと思います。

【対策方法その3】AIの評価を高める

最後に、もう一つやっておきたい重要な対策は、「AIの評価」を高めることです。

私の経験上、「AIの評価」が高まれば、注文を受けやすくなります!

そうは言っても、「AIがどのように評価をして、どのように配達する者を決めるのか」?

正直、謎だらけですが、私なりの、AIの評価の高め方を紹介していきます。

AIの評価の高め方は、前章で紹介した「AIの評価が低くなる」事とは逆を実行していきます。

それがこちら▼

  1. 配達依頼はあまり拒否をしない
  2. 注文受取後のキャンセルは絶対にしない
  3. 店舗とお客様から高評価をたくさんもらう

以上の三点をしっかりと実行していけば、AIの評価が上がり、たくさんの注文を受けることがでます。

①の「配達依頼はあまり拒否をしない」については、遠すぎるピックアップ以外、注文を受けた方がいいかと思います。

②の「注文受取後のキャンセルをしない」について、店舗によってはキャンセルをしたくなる場合があります。

例えば、「この店舗は遠くの配達が多い」とか、「汁物が多い」とかでキャンセルをしたくなりますが、それをやってしまうとAIの評価が下がる可能性が高まりますので、キャンセルしないで配達しましょう。

そして忘れてはならないのが、③の「店舗とお客様から高評価をもらう」です。

ウーバーイーツの配達は店舗とお客様から、配達後に高評価や低評価をつけるシステムがありますが、

高評価を積み重ねることによって、AIからの評価が高まり、たくさんの注文を受けることができると考えます!

そして私の経験上、「高評価をしてくれたお客様」の配達依頼を、優先的に受けることができます!

なので、こつこつと高評価をつけてもらって、お得意様を増やすことができれば、他の配達員にくらべて、稼ぐことができるようになるでしょう。

では、どうすれば店舗とお客様から高評価をもらうことができるのか?

次の章で、「高評価をもらう接客方法」を紹介していきますので、ご覧ください。

【ウーバーイーツ】店舗とお客様から高評価をもらう接客方法とは?

最後に、「AIの評価を高めるための接客方法」を紹介していきます。

ウーバーイーツの仕事は配達業であると同時に、接客業であると考えています。

料理を受け取り、届けるだけではなく、

店舗のスタッフ様には気持ちよく働いてもらい、お客様に対しては料理をより美味しく食べてもらうように、接客をしなければいけません。

そのことが、店舗やお客様から高評価をもらうことにつながり、最終的にはAIからの評価も高まることになるのです!

では、どのように接客をするのかご覧ください。

【接客方法その1】清潔感のある身だしなみ

ウーバーイーツ配達員の髪型や服装は、個人の自由になります。

しかし自由だからと言って、清潔感のある身だしなみにしなければ、店舗とお客様から高評価をもらうことができません。

人間は見た目では判断できませんが、お客様と接するのはほんの数秒になるので、第一印象はものすごく大事になります。

もし、不潔に感じる配達員から料理を渡されると、同じ味の料理でも美味しく食べることができません。

そうなると、高評価どころか低評価をつけられてしまい、AIからの評価もどんどん悪くなってしまいます。

そうならないように、気を付けたい身だしなみはこちら!▼

  • 帽子をかぶって、頭髪がはみでないように工夫する
  • 無精ひげをはやさない
  • 体臭や口臭に気をつける
  • 清潔感のある服装にする

髪型は、ロン毛でも金髪でも何でも構いませんので、

食べ物を運ぶ仕事ですから、とにかく帽子をかぶって髪の毛がでないように気を付けなければいけません。

また、髭をはやしている配達員が多いですが、きれいに整えているのならまだしも、無精ひげを生やし放題にしている配達員を多く見かけます。

無精ひげ生やし放題はかなり不潔に見えますので、生やしたいのならきれいに整えた方がいいでしょう。

体臭や口臭にも気をつけなければいけません。

今はコロナの影響でマスクを装着していますので、口臭はあまり感じないかもしれませんが、「それ以外の不快な臭い」をさせないように気を付けましょう。

例えば、待機中にタバコを吸っている配達員を多く見かけますが、タバコのにおいは吸ってない人にとっては「物凄く不快な臭い」に感じます。

料理の受け渡しの際に、配達員の体に染みついたタバコのにおいを感じてしまうと、せっかくの料理がまずく感じてしまい、評価も悪くなるので気を付けたいところです。

服装にも気を付けなければいけません。

季節に合った清潔感のある服装を心掛け、配達員として適切な服装にしましょう。

【接客方法その2】「スムーズな受け渡しと、素早く効率的な配達」を実践する

上の画像は、ウーバーイーツのアプリ内で、お客様が配達員を評価する際に選ぶ項目ですが、この項目に沿った接客を意識しなければいけません。

項目通りに良い接客をすれば、高評価を付けてもらうことができ、AIの評価も高くなる事でしょう。

「スムーズな受け渡しと、素早く効率的な配達」という項目がありますが、お客様を待たさずに料理を届けなければいけません。

その為に、交通ルールを守ったうえで、自分なりに「信号の少ない裏道を走る」とか「配達するエリアの地図を頭に叩き込む」などの努力をして、対策しましょう!

自分なりに試行錯誤して、実践していけばおのずと「スムーズな受け渡しと、すばやく効率的な配達」につながり、結果的にお客様から高評価をもらうことができるようになります。

【接客方法その3】「丁寧な配達と親切なサービス」を実践する

「丁寧な配達と親切なサービス」を実践しましょう。

この事を実践することによって、お客様により美味しく料理を食べてもらうことができます。

その結果、高評価をもらうことができ、AIからの評価も高くなります。

どのように実践するかは、人それぞれのスタイルがあるかと思いますが、大事なことは、

真心を込めて、実践していく事です!

言葉遣いや料理の扱い一つにしても、真心を込めて実践していけば必ず相手に伝わり、高評価をもらうことができるでしょう。

【接客方法その4】「円滑なコミュニケーション」を実践する

店舗スタッフやお客様と、「円滑なコミュニケーション」を実践しましょう。

毎回しっかりと実践することにより、多くの高評価を頂くことができます。

こちらも、どのように実践するかは人それぞれだと思いますが、店舗スタッフとは直接対面するので、しっかりと挨拶をして、何か問題あれば積極的にコミュニケーションを取り、解決していきましょう。

そうすることによって、信頼関係が生まれ、高評価を積み重ねることができます。

お客様とのコミュニケーションは、「メールでのやり取り、電話をかける、直接料理を渡す」など、いろいろなケースがありますが、これもまたやり方は人それぞれです。

お客様の立場で何を求めているのか親身に考えて、しっかりとコミュニケーションをとっていきましょう。

【ウーバーイーツ】鳴らない原因と、鳴る方法を考えてみた!|まとめ

以上、「鳴らない原因と、鳴る方法を考えてみた!」を紹介させていただきましたが、

大事なのは、実際に自分で経験したことをもとに、

「どうして鳴らないのか?どうしたら鳴るのか?」を試行錯誤することです。

しっかりと考えて、自分なりの答えを導き出せば、きっといい結果になることでしょう。

ではこの辺で失礼します。

最後までご一読ありがとうございました。_(_^_)_