ウーバーイーツ配達員登録はこちらから!

【カジュアルツィンクル号】大阪から東京まで夜行バスを利用してみた

こんにちは。

ブログ運営者のかんたです!

先日、東京に行く用事があったので、夜間高速バスに乗って行ってきました。

大阪から東京に行く場合、大抵は新幹線を選びますが、新幹線だと片道だけで数万円しますので、交通費節約の為とトイレが付いているという事で、近鉄バスのカジュアル・ツィンクル号(格安便)を選びました!

そこで今回は、実際に乗ってみた「カジュアル・ツィンクル号(格安便)」の概要と乗り心地はどうだったのか?などを紹介していきますので、ごらんください!

【カジュアル・ツィンクル号】大阪から東京まで、夜行便の概要

まず最初に、乗車料金、乗降場所の到着時間、バスの設備を紹介します。

乗車料金

バスの料金は期間によって変わってきますので、下の表をご覧ください。

A期間  3900円

B期間  4900円

C期間  5900円

D期間  6900円

E期間  7900円

※小児運賃は3500円で統一

一番安いA期間は月~木の平日に多く、週末になれば料金が高くなります。

A期間とE期間の料金差は4000円もありますので、節約をしたい方は、できるだけ平日に東京へ行くことをおすすめします!

乗り場、降り場の到着時間

乗り場

20:10  ユニバーサルスタジオジャパン

 ▼

20:45  あべのハルカス

 ▼

21:05  近鉄なんば駅西口

 ▼

21:25  地下鉄東梅田駅

 ▼

22:28  京都駅八条口

降り場

5:10  中央道八王子

 ▼

5:24  JR八王子駅北口

 ▼

5:29  京王八王子駅

 ▼

5:46  中央道日野

 ▼

5:53  中央道府中

 ▼

5:57  中央道深大寺

 ▼

5:59  中央道三鷹

 ▼   

6:34  バスタ新宿

乗り場、降り場共に指定できますが、それによって乗車料金が変わることはありません。

バスの設備と備品

バスの設備と備品は以下のとおりです。

・トイレ

・4列二人掛けシート

・ブランケット(一人一枚)

・スマホ充電コンセント

・WIFI

ある程度のものは揃ってますが、体温調節の衣服など足りないものは、各自用意しましょう!

【カジュアル・ツィンクル号】大阪から東京まで、実際に夜行バスに乗った感想

ここからは、実際にバスに乗った感想などを紹介させていただきます!

出発地点は、東梅田7番出口前のバス停です。

出発・東梅田7番出口前のバス乗り場

東梅田駅の7番出口

大阪メトロ東梅田駅の7番出口の階段を上がっていくと、すぐ目の前に近鉄高速バスのバス停がありますので、全く迷わずにたどり着くことができます。

近鉄バスの東梅田駅前バス停

カジュアル・ツィンクル号(格安便)にはトイレが付いております。

トイレがあるという安心感があるので、精神的プレッシャーはかかりませんが、

トイレが付いているせいで、高速のサービスエリアでバスから降りることができるのは、最初の一度だけです。

同じ態勢で長時間座っていると、筋肉が固まってくるので、サービスエリアで定期的に体を動かしたくなりますが、それがかないません。

「トイレがないけど、サービスエリアで降りることができるバス」を選ぶか、「トイレはあるけど、サービスエリアで降りることができないバス」を選ぶかは、難しい選択になります。

今回体験してみて、定期的にサービスセンターでトイレ休憩ができるのであれば、トイレなしの方が良いと思いました。

各バス会社によって、トイレの有無やサービスエリアでのトイレ休憩回数は変わってくるかと思いますので、事前にバス会社に問い合わせるなどして、確認することが必要です!

到着・バスタ新宿バスターミナル

降り場は終点の、バスタ新宿バスターミナルです。

バスタ新宿のバスターミナル

バスの座席は他のバス会社と比べて悪いことはありませんでしたし、バスの運転も安全運転でしたので、この点については良かったと思います。

帰りも同じ発着場

バスタ新宿のバス発着掲示板

帰りも全く同じ経路になります。

乗り場はバスタ新宿バスターミナルの4階、D11番の場所から乗ります。

バスタ新宿のD11番乗り場

【カジュアル・ツィンクル号】大阪から東京まで、夜行バスに乗った感想|まとめ

最後になりますが、やはり3900円から乗ることのできる格安バスは魅力的で、お金がなくて節約したい方には大変おすすめです!

しかし今回、カジュアル・ツィンクル号(格安便)に乗ってみて、サービスエリアでのトイレ休憩が一度だけということ以外は、全く問題ありませんでした。

次はトイレなしでも、定期的にサービスエリアで休憩できるバスに乗ってみたいと思います。

ではこの辺で失礼させていただきます。

最後までご一読、ありがとうございました。<(_ _)>