ウーバーイーツ配達員登録はこちらから!

ガス代を節約する5つの方法を紹介!【家庭向きの実践】

皆さまこんにちは。

ブログ運営者のかんたです!

僕は普段から、「どうすれば、毎月の支払いを節約できるのか」を考えております。

その中でもガス代は、かなり気を使って節約に取り組んでおります。

そこで今回は、僕が実践している「ガス代節約方法」を紹介させていただきますので、ごらん下さい!

【ガス代】節約効果で安くなった!

ガス代金の請求書

先日、9月分のガス料金の請求書が来たのですが、金額が2,052円だったのでびっくりしました!

僕は夫婦二人で2LDKの賃貸マンションに住んでいますが、今回の請求は結婚以来、一番安い料金になりました。

https://health-is-money.com/wp-content/uploads/2020/03/4e899277b59ceb6fe0bc03cc932a0b44.png
かんた

一人暮らしをしていた頃を振り返っても、こんなに安い料金になったことはなかったと思います。

このような安い料金になったのは、どうすればガス代を削れるか試行錯誤して考え抜いた結果です。

そこでここからは、僕の考えたガス代節約方法を、順番に見ていきましょう。

ガス代を節約する5つの方法を紹介

【方法1】5月から10月までは洗い物にお湯を使わない

洗い場のお湯

まず最初の方法は、食器などの洗い物の際には、お湯を使わないことです。

特に5月から10月までの間は、お湯を使わなくても水が十分に高い温度になっているので、使う必要がありません。

洗い物にはお湯が必要だという固定観念で、気温が高くなる季節でもそのままお湯を使い続けている方も多いのではないでしょうか。

お湯を出さなければ水道代だけで済みますので、水で洗いましょう。

しかし、冬場は水が冷たいので、 お湯を使うべきです 。

手が冷たくなりますし、食器の油も思うように落ちてくれませんのでお湯をつかわないとやっていけません。

無理はしないでおきましょう。

【方法2】お風呂のバスタブにお湯を貯めない

お湯をバスタブに入れる

僕の家は一年間を通して、バスタブにお湯を貯めることは一度もありません。

お湯を出している間はガスを使い続けており、お湯が冷めて追い炊きする場合もガスを使い続けます。

仮にお湯を貯めても、浸かる時間はほんの数分です。

冬場ならともかく夏場にお湯に浸かるのは、あまり健康効果が見込めないうえに、経済的にも割にあいません。

【方法3】シャワーを出しっぱなしにしない

シャワーから出るお湯

お風呂でシャワーを浴びている時、お湯を出しっぱなしにしている方は多いのではないでしょうか。

特に頭や体を洗っている時や髭を剃っている時は、シャワーの水を一旦止めましょう。

出しっぱなしにしている間、必要のないお湯がどんどん流れ出ていきますので、こまめに止めることにより、ガス代だけではなく水道代の節約にもなります

このことに気づいている方は案外少ないのではないでしょうか。

【方法4】お湯を使ったとしても最低温度にする

ガスの温度設定

もしお湯を使ったとしても、最低温度にしましょう。

家のガス設定の最低温度は37℃なので、お湯が必要になった場合はまずこの温度に設定します。

1℃温度を高くする度に、ガス料金も高くなっていきますので、気を付けましょう。

【方法5】揚げ物料理と煮込み料理は作らない

揚げ物料理のとんかつ

揚げ物料理と煮込み料理は火を使う時間が長くなるため、自宅で作ってはいけません。

火を使えば使うほどガス代も高くなっていきますので、調理時間が長くて火を使う料理は控えましょう。

どうしても、とんかつや唐揚げなどの揚げ物を食べたくなった場合は、外に買いに行きましょう。

今時の売っている揚げ物のクオリティーはレベルが高くなっているので、家で作るよりお持ち帰りすることをおすすめします。

【方法6】味噌汁は沸騰する前に火を消す

ガスの炎

味噌汁の具を煮込むときに、ちゃんと火が通っているか気になって、無駄に長い時間火を使ってしまう方がいるのではないでしょうか。

私の嫁さんがまさにそのタイプで、思いっきり沸騰しているのにそれでも野菜を煮込もうとします。

野菜は火を通しすぎると細胞が壊れて、シャキシャキ感がなくなり旨みも逃げてしまいます。

沸騰する前くらいに火を切るのが、一番おいしくなり、ガス代の節約もできますので、一度お試しになってはいかがでしょうか。

ガス代を節約する5つの方法を紹介|まとめ

「ガス代節約の5つの方法」を振り返ってみると、ガスを使っているタイミングは、お湯を使っている時と調理時の火の使用になります。

なので・・

お湯をできるだけ使わない事と、火を使った調理を出来るだけ避ければ、ガス代節約は成功します!

しかし、やることは分かっていても、毎月節約に成功するのはなかなか簡単なことではありません。

大切なのは、一つ一つこまめに気をつけて、継続することです。

ダイエットでもそうですが、失敗するのは結局、継続できないからです。

最初から一気にやろうとすると続かないので、まずはできることから無理なく始めて継続させましょう。

ではこの辺で失礼させていただきます。

最後までご一読ありがとうございました。_(_^_)_